2018年11月15日 更新

京都の定番お土産を自分で作れる!【おたべ 手づくり体験道場】

京都を代表するお土産といえば「おたべ」ですよね。京都タワーサンドでは、このおたべも手作り体験ができちゃうんです。今回はおたべ体験道場を紹介します!

1,432 view お気に入り 0

「おたべ体験道場」って・・?

“kyotootabe"


「おたべ」という呼び名で親しまれる「生八つ橋」の始まりは、昭和41年まで遡ります。
粒あんを、焼く前の生の八つ橋に包んだことをきっかけに、新しい創作菓子「おたべ」として誕生しました。

それ以来、京菓子・京土産として、京都の方々や観光客の方々に愛され続けているんです。

その手作り体験ができるお店がなんと京都駅前の京都タワーサンドにあるとか!

「おたべ」作りを手軽に体験できちゃう!

“minapitacard"


そんなこだわりの「おたべ」を気軽に手作り体験できちゃうのはおたべ本館と京都タワーサンド限定です!

京都タワーサンドのおたべ体験道場では、蒸し上がった生八つ橋の生地を、三角形のおたべに仕上げるまでの工程を体験できます。

京都のお土産の定番を手作りできて、しかも出来たてを食べられるなんて嬉しいづくしですよね。

おたべ作りの体験スタート!

“minapitacard"


では、さっそく体験の様子を紹介していきます。

まずは、蒸しあがった生八つ橋の生地に砂糖を練りこみ、ひたすらこねます。
抹茶パウダーやニッキのパウダーを混ぜ込むことでプレーン・抹茶・ニッキの3種類の味を作れます。

これが意外と力がいります。
よく伸びるモチモチの生地になったら生地の完成です。

好みの組み合わせでオリジナル「おたべ」が作れる!

“minapitacard"


こねた生地を伸ばしてカットしたら、いよいよ餡を包む作業です。

餡の種類も3種類あります。
粒あん・抹茶あんの2種類と季節の餡です。
今回は桜あんでした。

好きな味の生地に自由に餡を包めるので、オリジナルの組み合わせを自由に楽しめます。
センスを光らせてくださいね。

抹茶をたてる体験も!

“minapitacard"


「おたべ」が完成したら、次はお抹茶をたてます。
スタッフの方が丁寧に教えてくださるので、初めての方でも安心です。

茶せんを使って抹茶を立てる機会は、日常生活ではあまりないですよね。

「おたべ」の甘さと抹茶のほろ苦さがよく合います。

「おたべ」は出来立てが一番美味しい!

“minapitacard"


おたべ体験道場の一番の魅力は、作った「おたべ」をその場ですぐに食べることができるところです。

スタッフさん曰く、「箱で売っているおたべが美味しいのは勿論なのですが、やはり、出来立てには敵わない」とのこと。

出来立ての「おたべ」はモチモチ食感で柔らかくてとっても美味しいんです。
自分で作った「おたべ」と自分で立てたお抹茶で美味しい時間を過ごしてくださいね。

嬉しいお土産がもらえる

“minapitacard"


お腹いっぱい食べた後に、認定書と『にっき抹茶おたべ(10個入・540円相当)』をお土産としてもらうことができます。

しかもなんと、にっき抹茶おたべのパッケージには自分たちの写真がプリントされているんです。
食べたいけれど、開封してしまうのが勿体無いですよね。

「おたべ」作りを体験でき、出来立てを食べられる上に、抹茶も立てられて、しかも豪華なお土産までもらえるなんて、とってもお得で贅沢です!



「おたべ」ならではのこだわり

“minapitacard"


とにかく、素材にこだわっているのが「おたべ」です。

小豆は北海道十勝産
米は国産コシヒカリ
水は日本名水百選、若狭瓜割の水

を使うなど、原材料にとてもこだわって作られているんです。

体験中にビデオでこだわりの様子を見ることができますよ。

開催時間

①9:30-10:30
②11:30-12:30
③13:30-14:30
④15:30-16:30
⑤17:30-18:30
⑥19:30-20:30

体験店舗情報

TEL:0120-539-489
受付時間:9:00-17:00
※前日15時までの完全予約制※
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1京都タワーサンド 2階
【おたべ 手づくり体験道場】
京都タワーサンドHP ショップガイド
https://www.kyoto-tower-sando.jp/shop/index/153


31 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

【PR】NEARLY編集部 【PR】NEARLY編集部