2017年9月22日 更新

【晴海・勝どき・月島】美味しいと評判の絶品グルメを堪能しよう!

晴海・勝どき・月島エリア究極の絶品グルメのご紹介です。大切な人との大切なひと時にオススメしたいグルメばかり集めてみました。ぜひ足を運んでみてくださいね。

1,363 view お気に入り 0
thinkstock (45537)

【岸田屋 】

月島のベストオブ居酒屋といえばここ!岸田屋の料理は美味しいと評判です。

全室和室でこたつがあり、ほのぼのとした暖かい空間の中で山の幸いっぱいのボリューム満点心を込めた手作り料理をお楽しみいただけます。
美味しんぼにも出て来た究極の煮込みをぜひご堪能ください。

店舗データ

TEL:03-3531-1974
住所:東京都中央区月島3-15-12
営業時間
17:00~21:30(L.O)
定休日:日曜・祝日


【鮨 くらみ】

勝どき駅より徒歩3分ほどのところにある人気のお寿司屋さんです。

勝どきで気軽に絶品江戸前鮨を食べたいと思ったら”くらみ”へ。
ひとつひとつ丁寧に握られたお寿司は絶品です。ぜひ一度は足を運んでみてくださいね。

店舗データ

TEL:03-3534-9598
住所:東京都中央区勝どき3-5-6-103
営業時間
17:00~23:00(入店22:00まで)
定休日:日・祝日


【もんじゃ 蔵 】

月島といえば”もんじゃ”の聖地。多くのお客様がもんじゃを食べに月島に訪れますが、月島最高のもんじゃ焼きをご堪能いただけると人気なのがこちら「もんじゃ 蔵」。

出汁の旨さが人気の秘訣で食べ応え満点です。月島1のもんじゃをぜひご堪能ください。

店舗データ

TEL:03-3531-5020
住所:東京都中央区月島3-9-9
営業時間
11:00~23:00(L.O.22:30)
ランチ営業、日曜営業
定休日:不定休


【Shellman 】

月島駅から徒歩3分のところにある割烹料理店です。
新鮮な甲殻類を堪能できる人気店で、自慢の料理の数々をお楽しみいただけます。

またお仕事帰りに1人でもふらっと立ち寄って楽しめる深夜定食もおすすめです。
ぜひ一日の疲れを癒してくださいね。

店舗データ

TEL:050-5590-1854
住所:東京都中央区月島3-6-5
営業時間
[火〜日]
17:00~24:00(L.O 23:00)
[月末金・土]
15:00〜24:00(L.O 23:00)
夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:なし


【由庵 矢もり】

月島駅から徒歩5分ほど歩いたところにございます。

ミシュラン一つ星を獲得した人気の隠れ家蕎麦屋さんです。手打ちそばは香りが良く喉越しも良い秀逸な出来栄えです。若き天才そば職人が腕を振るう蕎麦をぜひご堪能ください。

店舗データ

TEL:03-6225-0633
住所:東京都中央区月島3-9-7
営業時間
18:00~22:00
( 完全予約制 )
定休日:日曜日・祝日


【月島 在市 】

月島駅10番出口を出てすぐのところにある人気の焼肉店です。

飛騨高山で60年。名門山武牧場と提携し、安全で美味しい飛騨牛をご提供しています。
名物のA5飛騨牛熟成サーロインはぜひ一度食べていただきたい逸品です。

店舗データ

TEL:050-5869-3869
住所:東京都中央区月島2-14-8 AMビル1,2F
営業時間
[月~土]17:00~24:00(L.o) 1:00閉店
[日・祝]
17:00~23:00(L.O) 24:00閉店
夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:無し(ただし、月により変動があるためお知らせ欄を参照願います。)


【韓灯 】

人気の韓国料理店です。月島駅から徒歩1分という好立地にある美食家に人気の焼肉店です。

伝統の味を引き継いだオモニの味と、お肉の切り方や、焼き方にもこだわった厳選を重ねた焼肉をぜひお楽しみください。

店舗データ

TEL:03-3536-6635
住所:東京都中央区月島2-8-12 AS ONE月島 B1F
営業時間
17:30~23:30(L.O.23:00)
夜10時以降入店可、日曜営業
定休日:月曜日 ※祭日は営業


【かねます】

こちらは人気の立ち飲み居酒屋です。

多くのお客様から愛されている人気店で、料理が美味しいと評判なんですよ。
特におすすめなのが生うにの牛肉巻きです。
たっぷりの生うにを牛肉の刺身で巻いたかねますの贅沢な逸品です。

店舗データ

TEL:03-3531-8611
住所:東京都中央区勝どき1-8-1 勝どきビュータワー 1F
営業時間
16:00~20:00(土曜日は13:30~)
早く始まるときも有
タマに臨時休業有り
定休日:水曜・日曜・祝日


49 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

NEARLY編集部 NEARLY編集部