2019年4月2日 更新

【新宿】エリア初出店で選ぶなら、小田急百貨店 新宿店の和洋菓子特集!

2,069 view お気に入り 0
家族の食卓に。あの人への手土産に。がんばった自分に。

何にしようかなと、あっちのエリア、こっちのエリアを楽しくおさんぽ。デパ地下はぐるぐると歩くたびに、新しい発見があります!小田急百貨店 新宿店の和洋菓子売場にNEW SHOPが続々オープン!心ときめくイチ押しスイーツを豊富にラインアップしています。

casaneo(カサネオ)【関東地区百貨店初出店】

 (257230)

“重ねる”のアルファベット表記に、新しいという意味の“neo”を組み合わせた「casaneo」

様々な素材を重ねることで生み出される新しいお菓子。歳を重ねるたびに深みを増していく人生のように「重ねる喜び」を感じていただける縁起のいいスイーツ=クレープ。

実はミルクレープは日本生まれ。1988年に関根シェフがラザニアからインスパイアを受けて「包むクレープ」を「重ねる」ことで生み出された。ミルクレープの生みの親が作るミルクレープです。
生ケーキは一般的には配送はできませんが、casaneoではホールタイプに限り冷凍状態での配送が可能です。
 (257228)

クレープカップ 3種 (1個)702円(税込)

つのはず堂【初出店】

 (262024)

キャラメルガトー (8個入り)1,080円(税込)

明治から大正、昭和初期にかけて、さながらヨーロッパのように、芸術家、文人、演劇人が集う場所が東京・新宿にありました。それが「角筈(つのはず)」です。

角筈の地で誕生した「つのはず堂」はそうした東京の幾恵にも交差するエスプリを洋菓子にしてお届けします。ガトー職人がこだわりの製法・原料で丁寧に焼き上げた、手土産にもなるひと品です。

麻布かりんと【新宿地区初出店】

 (254054)

三百年以上の歴史がある商店街と、江戸時代の外国人居住に始まる国際的な香り。そんな麻布十番にある、昔懐かしい「かりんとう」のお店。

麻布かりんとを代表する黒糖風味をはじめ、抹茶風味や蜂蜜風味、蜂蜜を生地に練りこんだ白砂糖などの定番メニュー。また「カレー」や「きんぴらごぼう」といったおつまみにもぴったりのピリ辛風味や、ダージリンやチーズミックスなど珍しいフレーバーもあります。
 (254595)

※画像はイメージです

「キャラメルアーモンドかりんと」(1袋)432円(税込)【小田急百貨店限定品】

キャラメル粒をイメージして、四角く角ばらせて生地を切りだし、独自配合のキャラメル密に絡めてアーモンドを振り掛けました。濃厚なキャラメル風味とアーモンドの香ばしさがクセになる、かりんとです。

麻布十番 四季もなか 花一会【新宿地区初出店】

 (262031)

彩りいろいろ 美味しい うれしい花椀もなか

和洋菓子以外にこんな変わり種はいかがですか?

伝統が息づく情緒あふれる街、麻布十番から食のひとときを豊かに華やかに彩る「花椀もなか」。一椀に美しく咲く花、目と舌で味わえる彩りいろいろ。
 (254591)

「浅草海苔と鯛」のお吸い物 (1個)367円(税込)【小田急百貨店限定品】

今では希少となった浅草海苔と鯛のほぐし身をメイン具材としました。かつおと昆布のだしに、鯛の身から出る旨みと浅草海苔の磯の風味がマッチしたお吸い物に仕上がっています。

施設情報

28 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

【PR】NEARLY編集部 【PR】NEARLY編集部