2018年11月15日 更新

京都初!京都タワーサンドで食品サンプル制作体験♪【でざいんぽけっと 食品サンプル制作体験】

2017年4月にオープンした京都タワーサンド。その2階フロアは体験フロアとなっています。今回は、ありそうでなかった京都初の「食品サンプル」専門店での食品サンプル制作体験をご紹介します!

1,031 view お気に入り 0

デザインポケットが京都へやって来た!

“minapitacard"


大阪なんばの千日前道具筋商店街にある「デザインポケット」が京都タワーサンドの中へ”食品サンプル専門店「でざいんぽけっと 京都タワーサンド店」”としてやって来たんです。

意外なことに、京都で食品サンプル制作の体験ができるお店はこちらのお店が初。

食品サンプル制作を体験できるなんて珍しくてワクワクしますよね。

食品サンプル制作は驚きの連続!

“minapitacard"


”抹茶パフェ”は京都タワーサンド店限定!

いよいよ、店内奥のスペースで食品サンプル制作の体験を始めます!

「回転寿司2貫セット」「抹茶パフェ」の2種類から選べるのですが、「抹茶パフェ」はなんと、京都タワーサンド店限定なんです。

せっかくなので、今回は京都タワーサンド限定の抹茶パフェ制作にチャレンジしてみました。
“minapitacard"


制作体験スタートです!抹茶カステラ制作から始めます。

白いスポンジを好きなサイズにカットし、抹茶の色を染み込ませる作業。

食品サンプルを作る工程を見ることはあまりなかったので「へぇ、こうやって作られているんだぁ。」と、驚きの連続です。

不器用さんでも大丈夫!

“minapitacard"


シリコンの生クリームを絞る工程が今回の制作体験のメインです。

難しそう・・と思っていましたが、スタッフの方が優しく丁寧に教えてくださるので、初めての方でも不器用さんでも安心してしっかりと楽しむことができます。

上手くできたら、とても褒めてくれるので気持ち良いですよ。

抹茶パフェが完成

“minapitacard"


パーツが揃ったところで、最後の仕上げです。
器にカステラや生クリーム、小豆などを盛り付けていきます。

最後に、抹茶デコレーションソースを掛けてペーパークリップをつければ完成です。
オリジナル抹茶パフェペーパースタンドになるんです。

「お好きなように自由にパーツを乗せて行ってください。」とのことなので、存分に自分のカラーを発揮して世界に一つだけのオリジナル抹茶パフェを作ってくださいね。

色々な食品サンプルを買うことも出来る!

みかんのペン立てが大人気!

食品サンプル|食品サンプル 皮むきみかん・大 メモスタンド

食品サンプル|食品サンプル 皮むきみかん・大 メモスタンド


キッチンやデスクにあると便利!
ちょっと珍しいメモスタンド♪細部までこだわって作った一品!!この瞬間が食品サンプルになっちゃいました!!便利に食品サンプルを楽しみましょう♪お誕生日や記念日にも(^^♪

・サイズ(約): みかん直径70mm X H95mm
・食品サンプル素材部分:塩化ビニール
・日本製(MADE IN JAPAN)
店内で販売されている数ある食品サンプルの中でも、みかんの形をしたペン立てが大人気。

ここまでクオリティーの高い食品サンプルは初めて!?という程、本物そっくりなみかんのペン立てです。皮をむいた時の白皮まで完璧に再現されています。思わず触りたくなっちゃう!!
数え切れないほどの食品サンプルが店内を彩っています。

お店の中央にある大きなハンバーガーがインパクト抜群。どの商品も本物そっくりで見ているだけでお腹が空いてしまいそう。

体験はもちろん、ウィンドウショッピングもとっても楽しいです!

京都駅前でアクセスもバッチリ♪

こんな本格的な体験が京都駅前でできるというのも魅力の一つ。
45分〜60分程度で完成できるので、ウッカリできてしまった隙間時間を有効活用して楽しむことができます。
抹茶パフェは3,000円以内でできるので、お値段的にも気軽に体験できちゃいますよね。

空きがあれば予約をしていなくても制作体験可能です。

京都ならではの思い出を一つ増やしてみてはいかがでしょうか?

体験店舗情報

TEL:075-354-1123
受付時間:9:00-21:00
開催時間:10:00-20:00
(※予約の状況によっては当日ご予約いただけます。)
住所:京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1京都タワーサンド 2階
【でざいんぽけっと 食品サンプル制作体験】
京都タワーサンドHP ショップガイド
https://www.kyoto-tower-sando.jp/shop/index/155


27 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

【PR】NEARLY編集部 【PR】NEARLY編集部