2019年6月3日 更新

東アジアのdaidokoro < 節句で楽しむ日・中・韓の食文化>

場所:WACCA池袋5階もうひとつのdaidokoro 日時:2019年5月3日(祝) 第2回「端午の節句」が開催

GWは池袋で東アジア食体験

東京都は豊島区、西安(中国)、仁川(韓国)と共に、「2019年東アジア文化都市」に選ばれました。

そこで、「東アジアのdaidokoro 節句で楽しむ食文化」(年4回開催予定)と称し、
各国の”節句”をテーマに食文化を通して相互理解を深め、更なる文化交流を目指しています。

今回は第2回目「端午の節句」のイベント内容をレポートします。

開催レポート

 (275239)

【イベント当日スケジュール】

日時:2019年5月3日(祝)18:00~20:00(17:30受付開始)
内容:講師による節句のお話+調理デモンストレーション+食事
(料理5品+daidokoro自慢の新鮮サラダ+デザート)
料金:3,000円/人(税込)
定員:先着45名様
会場:もうひとつのdaidokoro at WACCA池袋5F 池袋駅(東口)から徒歩3分

<イベント当日タイムスケジュール>
18:00 – 18:10 開始挨拶と講師の紹介
18:10 – 18:40 デモンストレーション(日中韓それぞれ10分間)
18:40 – 19:00 各国の節句体験(詳細は当日のお楽しみ!)
19:00 – 19:50 お食事&講師との交流
19:50 – 20:00 終了挨拶

イベントの様子(写真付き)

 (275168)


講師の冀 翔さんが、調理に使う材料の説明を行いながら
手際よく調理していきます。
 (275169)


さすがはプロの技!一品の見せ方も心得ています!
味はもちろんですが、目でおいしさを感じるのも大切ですね。
 (275170)

皆様の真剣な面持ち。食文化にご興味のある皆様で、満員御礼でのイベント開催となりました!
 (275241)

完成した彩り鮮やかな、お料理がイベント参加者へ運ばれていきます。
 (275574)


講師からの料理説明はもちろん質疑応答などがあり、
皆様、充実した時間を過ごせたようです。
 (275172)

講師紹介

 (276062)

【講師プロフィール】冀 翔(き しょう)
薬膳料理・中国料理研究家 / 国際中医薬膳師。国立北京中医薬大学にて学び、国際中医薬膳師の資格取得後、「美味しいアート×ヘルシー科学」をテーマに薬膳教室を主宰。中医学の理論を活かした、家庭で再現しやすい薬膳の講義に定評がある。
 (276063)

【講師プロフィール】
外処 佳絵(とどころ よしえ ) アジア料理研究家 / 北京国際中医薬膳師。旅して現地の味を味わってもらいたく、アジア料理教室「PANDA KITCHEN」を主宰。雑誌などでもレシピを紹介している。
 (276064)

【講師プロフィール】石澤 晴美(こくざわ はるみ )
もうひとつのdaidokoro 料理人。シンプルに、素材の美味しさを引き出した優しい家庭料理が好評でリピーター・ファンも多い。「お母さんが冷蔵庫を開けた時にあるもので作るイメージ」というだけあり、その日に入荷した食材をみて、その場でお料理する姿はまさに池袋の台所のお母さん。食材の生産者さんに敬意を払い最後まで野菜を使い切る姿勢、時おり見せる自身のお料理に対する厳しさなど料理人としても魅力的で、スタッフからの信頼も厚い。

施設情報

30 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

【PR】NEARLY編集部 【PR】NEARLY編集部

このエリアのツアー(交通+宿)を探す