2019年3月4日 更新

キャンドゥのティント特集!人気色の口コミや使い方まで徹底解説!

売り切れ続出のキャンドゥのコスメ、ティント!使いやすい人気色4種類が揃っていて、まとめ買いする人が増えているようです。発色良し、持ち良し、コスパ良しの万能ティントをご紹介していきます。それと一緒に気になる口コミやティントの使い方、メリット・デメリットもお伝えしていきたいと思います!

1,095 view
gettyimages (253188)

ティントって何?

リップティント、通称ティントは、韓国から来た人気コスメです。口紅に似ていますが、使い方や特徴は少し違うんです。口紅は唇に色を塗るイメージですが、ティントは唇を染めるイメージです。体温で色が変わるので、ティント自体の色が出るわけではなく、塗る人によって違う色が出てきます。まだ馴染みのない方も多いですが、落ちにくく発色が良い、かつ自分らしさを出すことができるので、若い人たちを中心に人気のあるコスメなんです。

ティントのメリット

色を塗るのではなく唇を染めるティントは、口紅よりも色落ちがしにくくなっています。食べたり飲んだりした後や、時間が経ったりしても、気にしなくていいのは嬉しいですよね。何度も塗る必要がないので、持ちが良くコスパ的にも抜群です!また、重ね塗りができるので、濃淡をつけて立体的なメイクにしたり、コンシーラーなどを用いて唇のボリュームを抑えたりすることもできます。欠点をカバーしつつ、自分好みのメイクに仕上げることができますよ!

ティントのデメリット

持ちが良くコスパも良いティントですが、デメリットの部分も少しあります。ティントは刺激が強いため、唇が乾燥しやすくなっています。お肌が弱い人や冬場などは、リップクリームを塗った上から付けるのがおすすめです。また、塗ってから発色するまで10分ほど時間がかかってしまいます。体温で色が変わるので、もしかしたら日によって違う色合いになってしまうかもしれません。塗る際は、出かける直前ではなく、早めに付けておくことがおすすです。

ティントの正しい塗り方

基本的な塗り方をご紹介します!まず最初に、ファンデーションかコンシーラーを唇に少しのせ、唇の色合いを消しておきます。次に、唇の輪郭をティントでなぞります。最後に、ティントを内側に向かってポンポンとなじませていきます。全体になじめば完成です!応用編も一緒にご紹介しますね!グラデーションを作りたい場合は、内側にティントをのせ、外側に向かって広げていきましょう。口紅とグロスと合わせたい場合は、口紅・ティント・グロスの順番に使うとキレイに発色しますよ。

キャンドゥのティント「パリスピンク」

キャンドゥのティントの中で、1番人気のあるカラーです。「蛍光ピンクって感じでむっちゃ可愛い」「ピンクが好きな女の子におすすめ!」といった口コミが多数!可愛らしいメイクやコーディネートには、このパリスピンクがぴったりです。ティントを一度塗るだけでなく、塗った後にテイッシュで軽く抑えて、もう一度塗ると色持ちアップです!発色が良いので、ナチュラルなメイクにしたい方は、塗りすぎに注意!他の色と合わせて、内側に少し塗るのもおすすめです。

キャンドゥのティント「パプリカオレンジ」

少し赤みのある色に発色する、パプリカオレンジ。みずみずしくて伸びも良く、キレイに塗ることができます。「グラデーションも簡単に作れるのですごいいいです!」という口コミがあるように、自然な色合いを出すにはこのパプリカオレンジがおすすめです。1回塗った時と、2回、3回と重ね塗りした時の色合いが変わってくるので、自分好みの濃さにできます。口紅や色付きのリップやグロスと合わせても喧嘩しない万能な色合いです!

キャンドゥのティント「スカーレット」

スカーレットは、赤色ですが少しピンクよりの優しい色合いになっています。普段赤色を使わない方や初心者の方にも比較的使いやすい色合いです。派手な赤ではなく、元々の唇の色を活かした色合いなので、肌の色に合った発色を楽しむことができます。ぷるんとした透けるような質感は、グロスを塗っているかのような潤いがありますよ。「軽い付け心地で、つけてる間も重くない」という口コミがあるように、付けていても違和感がないのは嬉しいポイントです。

キャンドゥのティント「プラムレッド」

おしゃれで大人な雰囲気を出したい方には、このプラムレッドがおすすめです。口コミの中で「プラムレッドなら赤に合わない人も似合うかも」というコメントがるように、赤だとキツすぎてしまう、肌の色と合わないという方も、プラムレッドなら柔らかい印象にしてくれます。明るさはしっかりありますが、深すぎず濃すぎず使いやすい色合いです。パープルカラーなので、秋や冬など寒くなる季節に使うのもおすすめです。
25 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kinokonomoriko55 kinokonomoriko55

このエリアのツアー(交通+宿)を探す