2017年9月29日 更新

【札幌】知り合いにおすすめできる!人気ハンバーガー店特集

札幌には公園、神宮、ミュージアムなどがあり、美味しいグルメ目当てでも訪れる人が多い、北海道で人気の観光エリアです。今回はそんな札幌で、お友達と一緒に行きたいハンバーガー店をご紹介します。

thinkstock (47811)

十勝ビーフ100%のパティ!「ラナ 円山 本店」

Rana 円山 本店はハンバーガーとパンケーキのお店で、ハンバーガーに付いているフライドポテトもたまらなく合います!ハンバーガーのパティは130Gと200Gが選べ、パティは十勝和牛100%でつなぎを使用していない贅沢な一品!化学調味料も使われていないので、お子様にも良いですね。

店舗データ

TEL:011-616-7500
住所:札幌市中央区北一条西23丁目1-11
営業時間:11時 ~ 午後 9時
定休日:なし
店舗公式URL:http://www.ranarana.net/index.html


道産ビーフ100%「TACK」

タックのハンバーガーはビーフ100%のオリジナルパテを使っていて、道産牛肉100%などの種類があります。
モッツァレラチーズバーガーが人気商品で、きのこやうになど季節の食材を使った驚きのメニューも提供しています。
20cmのスペシャルバーガーは巨大なので、グループの皆で分け合っても楽しいですね!

店舗データ

TEL:050-5789-9752
住所:札幌市中央区南4条西9-1006-8
営業時間:12:00~24:00
定休日:木曜
店舗公式URL:http://r.gnavi.co.jp/h225000/


インターナショナル Bar&Grill 「TK6」

TK6はスクリーンでスポーツ観戦をしながら、お酒や食事を楽しめるBar&Grill です。ハンバーガーはビーフ100%の肉厚なパティを使った「TK6バーガー」や、直火焼きチキンの「チキンバーガー」で、自家製のバンズが自慢です。

店舗データ

TEL:011 272 6665
住所: 札幌市中央区南2条西6丁目5-3
営業時間:16時~7時
定休日:
無休
店舗公式URL:http://tk6.jp/


チキンが好きなら「CHICKEN PECKER チキンペッカー 」

CHICKEN PECKERは、チキンを使った惣菜やハンバーガーを提供している人気店で、見るからにヘルシーな無添加のハンバーガーを食べられます。北海道産小麦のバンズに、竜田またはチキンパティをはさんだハンバーガーは、500円前後のリーズナブルな価格でとってもお得です。

店舗データ

TEL:011.894.2989
住所:札幌市厚別区厚別中央2条4丁目11-39
営業時間:朝10時〜夜8時
定休日:年中無休(元日のみ休業)
店舗公式URL:http://www.chickenpecker.com/


ブランド牛入り!「Jacksonville 北24条本店」

ジャクソンビルは食材にこだわったハンバーガーを提供しています。牛肉100%のパティは、オーストラリア産・アメリカ産のお肉と、池田牛のお肉をブレンドしています。店内にはテーブル席が3つとカウンター席があり何時も混雑しています。4人席もあるので家族でも楽しめますね!

店舗データ

TEL:011-728-1001
住所:札幌市北区北23条西3丁目2-51 コープビル1F
営業時間:平日11:30 ~ 15:00・17:00 ~ 23:00、土日祝日土・日・祝日11:30 ~ 23:00
定休日:第3火曜
店舗公式URL:http://jvburger.com/


名物!「LOG KIT 札幌狸小路店」

Daikiさん(@daikitch)がシェアした投稿 -



ログキットは佐世保バーガーで有名なお店です!ビーフ100%のパティを使っており、名物のスペシャルバーガーは直径が15cm、重さが500gという大きさで、厚切りベーコンや半熟卵も入っており、大変ボリューミーです。南蛮たれで味つけしたジャパニーズバーガーは和風テイストで、札幌限定販売ですので一度は食べてみたいですね。

店舗データ

TEL:011-219-0402
住所:札幌市中央区南3条西1丁目12
営業時間:AM11:00~PM21:00
定休日:不定休
店舗公式URL:http://logkit.jp/top
札幌のハンバーガー店はさすが、ビーフ100%のパティが多く、ハンバーガーの種類も豊富ですね。そして、銘柄牛を堪能できるパティなど、札幌ならではのハンバーガーもあります。食べたいお肉や、食べたい量に合わせてお店を選んでもいいですね。札幌へ行ったら、ぜひこれらのハンバーガーを味わってみてください。
37 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

NEARLY編集部 NEARLY編集部