2018年10月3日 更新

【市ヶ谷】絶品ケーキに悶絶!美味しいと評判のケーキ屋さん♪

市ヶ谷エリアオススメのケーキ屋さん特集です。人気のケーキ屋さんに足を運びませんか? 美味しいと評判のお店をまとめてみました。是非チェックしてみてくださいね。

gettyimages (175889)

TiMi

心がほっとする時間にTiMiのお菓子がそばにあってほしい

TiMiはアイルランド語で「時」を意味しているんです。
心がほっとする時間にTiMiのお菓子がそばにあってほしいという想いから名付けたそう。
生菓子のケーキを焼き菓子にしたベイクをはじめ、自家製のパンやお菓子が味わえる洋菓子店になっています。

生菓子のケーキを焼き菓子にした看板商品ベイクや、オーガニック食材をメインに使用して作られたクッキーやシリアルバーなどの焼菓子、自家製のパンなどもご用意しています。
体にやさしい食材で作られた自家製菓子は、どれもほっとする美味しさですよ♪

店舗データ


TEL:03-6272-4968
住所:東京都千代田区一番町15-20 一番町フェニックスビル 101
営業時間
11:00〜20:00
定休日:日・祝


Cafe&Barカトレア

月に2回の楽しみスイーツバイキング

市ケ谷駅から徒歩3分 のところにあるCafe&Barカトレア。

月に2回(月によっては1回)しか開催されないスイーツバイキングなんです。素敵なホテルの空間で美味しいスイーツが食べ放題できちゃいますよ。

20種類のスイーツとライトミールが2,500円で食べ放題なんて最高です♪
スイーツ好きにはたまらないですね。

店舗データ


TEL:03-3268-0118
住所:東京都新宿区市谷本村町4-1 ホテルグランドヒル市ヶ谷 東館 1F
営業時間
9:00~21:30(L.O)
定休日:不定休日あり


フランジパーヌ

おすすめはカプチーノケーキ

市ヶ谷にある靖国通りから、裏路地に入ったところに位置する喫茶店です。

おすすめはカプチーノケーキ。表面はエスプレッソクリーム、中はキャラメルムースとスポンジでできています。中には砕いた栗がゴロゴロと入っていて、不思議な食感が楽しめますよ。

ほっと一息つきたい時にオススメです。是非気軽に足をお運びください。

店舗データ


TEL:03-3239-4856
住所:東京都千代田区九段南4-7-22 ラ・メゾン・ド・シャルー 1F
営業時間
[月~金]
10:30~19:00
[土]
11:00~16:00
定休日:日曜日、祝日


パティスリー モンテーニュ

昭和の香りが漂う懐かしい雰囲気のお店

市ヶ谷駅から徒歩2分のところにあるパティスリー モンテーニュ。
40年以上続く人気のお店です。有名人も御用達!昭和の香りが漂う懐かしい雰囲気のお店です。

定番のケーキからデザイン性のあるケーキまで様々なケーキが揃っています。

一口食べればホッとするノスタルジーな感覚になります。
是非気軽に足を運んでみませんか。

店舗データ


TEL:03-3262-5561
住所:東京都千代田区九段南3-2-15 富士ビル 1F
営業時間
10:00~19:00
日曜営業
定休日:火曜日


ゴンドラ

飲み物がなくても美味しく食べられるパウンドケーキ

市ヶ谷駅から徒歩6分のところにあるゴンドラ。1933年創業の老舗洋菓子店です。

ゴンドラのパウンドケーキは飲み物がなくても美味しく食べられるパウンドケーキと絶賛。
しっとりしていて、すっと喉を通るんです。

表面に塗られたラム酒の香りが口の中にほんのり広がります。レーズンも味のアクセントになっています。しつこくなく、一度食べたら忘れられない味を是非お楽しみください。

店舗データ


TEL:03-3265-2761
住所:東京都千代田区九段南3-7-8 ゴンドラビル 1F
営業時間
[月~金]
9:30~19:30
[土]
9:30~18:00
定休日:日曜日、祝日(12月は無休)


パティシエ シマ

押しは、ガレット・デ・ロワ。

2005年フランス政府より農事功労章シュバリエを受勲するほど、フランスの食文化の造詣に深いシェフの一人島田進さんが創業者した人気のパティシエ・シマ。ショーケースには常に40種類以上の生菓子や焼き菓子が並びます。

一押しは、ガレット・デ・ロワ。生地にクレームダマンド(アーモンドクリーム)を挟んで焼き上げます。一口食べれば至福のひと時。是非足を運んでみてくださいね。

店舗データ


TEL:03-3239-1031
住所:東京都千代田区麹町3-12-4 麹町KYビル 1F
営業時間
[月~金] 10:00~19:00
[土・祝] 10:00~17:00
定休日:日曜日


43 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

NEARLY編集部 NEARLY編集部