2019年2月4日 更新

「知らない日本に、ワクワクしよう。」スタバの新プロジェクト第1弾商品は黄金色に輝く『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®』

スターバックスコーヒージャパンは日本の食文化の周りにある素敵なモノゴトを再発見・発信するプロジェト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”を開始しました。第1弾を飾る商品として、芳しい香りの日本茶である‟加賀 棒ほうじ茶”を用いた『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®』を5月30日(水)より全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて発売します。

スターバックスコーヒージャパンは日本の食文化の周りにある素敵なモノゴトを再発見・発信するプロジェト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”を開始しました。

日本の土地それぞれの文化に即した店舗作りをするスターバックスにふさわしいプロジェクトの第一弾は加賀の棒ほうじ茶をたっぷりと用いた「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」をご紹介します!

日本文化であるお茶をカジュアルに楽しめるフラペチーノ

sutaba

【基本情報】

商品名・価格:「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」Tall 620円+税
販売期間:2018年5月30日(水)~2018年7月19日(木)
取扱店舗:全国のスターバックス店舗 (一部店舗を除く)

みずみずしい食感の棒茶ジェリーと、ホワイトチョコレートクリームがマッチ

上から下まで棒ほうじ茶づくしの一杯

上から下まで棒ほうじ茶づくしの一杯

日本の知られざる奥の深いストーリーを持つ素材や文化を模索する中、世界で注目されているものに考えを広げ、抹茶という茶の葉をすり潰して飲むという日本独特の茶文化に目がとまりました。

そこから、日本の茶文化はユニークで、まだまだ日本人も気づいていない独特な世界があるかもしれないと考えたどり着いたのが、 加賀から始まった、お茶の茎部分だけを浅く焙じ黄金色に輝く “加賀 棒ほうじ茶”。

一番茶の芳しい香りと繊細さをたたえる“加賀 棒ほうじ茶”を用いて、日本文化のひとつであるお茶をカジュアルに楽しめるフラペチーノ®として仕立てました。

第1弾は北陸・石川! 第2弾はあなたの街かも?

石川県は、江戸時代に経済に文化政策を取り込み、加賀藩を繁栄させていった前田家の取り組みによって現代でもお茶文化や、工芸の文化が盛んな地域です。その地で生まれた”加賀 棒ほうじ茶“は、明治35年、庶民には手の届かない大変高価なものであったお茶を、金沢の茶商林家新兵衛が捨てる部分であった茎を焙じて売り出したところ人気になったという、奥にあるストーリーを感じる素材です。

芳ばしく華やかな香りと料理の味を邪魔しない軽やかな味わいが長く加賀地方を中心に愛されてきたこの特別で繊細な棒ほうじ茶に、スターバックスらしいツイストとして、ふんわりと仕立てたホワイトチョコレートクリームと加賀棒ほうじ茶ジェリーを合わせ、特別なデザート感覚のドリンクとして仕上げました。

この商品を通じて、「日本にはこんな特徴のあるお茶があるんだ!」「日本の歴史や文化、地域性ってすてきだな。」と感じていただきたいです。
国内外ともに、日本・東京に注目が集まりはじめる今だからこそ始まるプロジェクトです。
日本ならではの食文化を背景ストーリーとともにスターバックス独自の視点でツイストし、様々なかたちで提案します。
記念すべき第一弾として、「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®」をお届けします。
12 件

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

NEARLY編集部 NEARLY編集部