2019年4月2日 更新

【松戸・柏】暑い夏を乗り切る!ビアガーデン・BBQまとめ

GWも終わり、いよいよ夏が近付いてきました。お仕事終わりや休日のお昼時に家でだらだらするのもいいですが、たまには外でビールを飲み、美味しいお肉を食べて夏を乗り切りましょう!今回は松戸・柏エリアのビアガーデン・BBQスポットをご紹介します♪

2,029 view お気に入り 0

リゾビア(ビアガーデン)

柏タカシマヤ屋上ビアガーデン「リゾビア」〜これまでの貧相ビアガからやっと一新してやっとまともに(笑) | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記 (2084)

柏タカシマヤの屋上で行われるビアガーデン。

小学生1,500円、未就学児無料で入場出来るので、家族で気軽に来る事が出来ます!
柏タカシマヤ屋上ビアガーデン「リゾビア」〜これまでの貧相ビアガからやっと一新してやっとまともに(笑) | フリーライター黒崎正刀の、飲んだくれ手記 (2086)

40種類以上の料理が食べ放題!

世界各国のリゾートグルメを味わえます。
40種類以上のリゾートグルメをビュッフェ形式の食べ放題&飲み放題|柏タカシマヤ 屋上ビアガーデン リゾビア (2085)

ビール、サワー、ワインはもちろん、カクテルやソフトドリンクも多数用意されているので、お酒に弱い人でも楽しめますよ!

店舗データ

住  所:
 〒277-8666 柏市末広町3-16 柏タカシマヤ本館屋上
電  話
 04-7144-1111
開催期間
 2016年5月19日(木)→9月20日(火)
営業時間
 午後4時~午後10時(最終入場 午後8時)


ガーデンマジック プラーレ松戸店(ビアガーデン)

カジュアルイタリアンレストラン ガーデンマジック (2107)

プラーレ松戸の屋上にあるお店で、毎年夏にビアガーデンを行います(今年の開催時期は未定)。

グランドピアノが置かれた店内もおしゃれですが、テラス席もおすすめ!
 (2122)

普段は本格的なイタリアンを気軽に味わえるお店です。

ビアガーデンで飲む前にイタリアンを食べるのもいいですね♪


伊勢丹松戸店 屋上BBQビアガーデン(ビアガーデン・BBQ)

 (2135)

伊勢丹松戸店の屋上で現在開催中です。
 (2140)

BBQをしながらビールを飲めるので、BBQの準備が面倒…という方にもおすすめ!

会場内のステージではライブなども行われます。

店舗データ

住所
 〒271-0092 千葉県松戸市松戸1307-1
電話番号
 047-366-5405(受付時間12:00~16:00)
営業時間
 昼の部(土・日・祝のみ、4/29~5/31まで)
  11:00~16:00(90分入れ替え制)
 夜の部(4/29~9/25まで)
  16:00~22:00(120分入れ替え制)


柏しょうなん夢ファーム(BBQ)

 (2186)

開園から閉演1時間前まで時間制限なく利用可能です。

ブース利用料はかかってしまいますが、屋根付き、機材付きのブースもあるので気軽に利用できます!

空きがあれば当日予約も受け付けOKなので、急に予定が空いた時にもおすすめ。
 (2191)

大人も子どもも楽しめる自然のアスレチックなど、たくさんの遊び場もあります。

たくさん遊べばBBQもより楽しめますね♪
千葉の公園 バーベキュー・アスレチック – 柏しょうなんゆめファーム (2192)

足湯やシャワーもあります!

店舗データ

住所
 〒270-1464 千葉県柏市布瀬89-1
TEL
 04-7160-9888
FAX
 04-7160-9888
営業時間(3~11月)
 10:00~17:00
定休日
 月曜日(※休日の場合は翌日休み)


千葉県立柏の葉公園 バーベキュー場(BBQ)

千葉県立柏の葉公園 バーベキュー場 - HeroField.com(手ぶらでBBQ) (2454)

柏の葉公園内にあるバーベキュー場です。

テントなどの大きな機材も借りられるので(有料)、気軽に利用できますよ♪
 (2455)

豪華な食材パッケージプランもあります!

他にも追加で食材やアルコールを注文出来るので、とても便利。

店舗データ

住所
 〒277-0882 千葉県柏市柏の葉4-1
TEL&FAX
 04-7134-3318
受付時間
 電話:9:30~17:00、FAX:変更・キャンセル24時間
公共交通機関
 常磐線・東武野田線柏駅西口東武バス2番乗り場
 「柏の葉キャンパス行き」または「国立がんセンター行き」に乗車(所要約20分)し、「三井住宅前」あるいは「公園中央」下車。総合競技場へは「東大前」あるいは「東大西」での下車が便利です。


45 件

関連する記事

こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

NEARLY編集部 NEARLY編集部